明るい髪色もいいけどダークアッシュにしたら美髪度が上がった!?

沖縄のマイペース美容師オオシロです☆

沖縄もここ最近寒いですね・・・本土の方には大きな声で言えませんがタラ~

 

寒い中、ご来店頂いたIさんありがとうございます☆

前回は4ヶ月前にIさんの希望で髪色をトーンアップしました、その時は12レベルのアッシュベージュに染めたんですがもう完全に抜けてますね!!

 

髪がよりダメージして見えてしまってます・・・・キレイにしたいですよね☆

僕は基本的に10トーン以上の髪色はおススメしません笑

できれば8トーンくらいをおススメしています

ダブルカラーやブリーチが必要な外国人風カラーなんてよりおススメしません笑

パーマやストレートしている方には特におススメしません笑

なぜ!?

 

簡単な事ですびっくり!!

「髪のダメージが大きくなるし色持ちも悪くなるから」

 

それだけです笑

外国人風カラーした事ある方は実感したことがあるんじゃないでしょうか!?

B-PEPはヘアデザイン中心ではなくキレイな髪をベースに置いてます

なのでデザインはその次なんです、なので髪のダメージには出来るかぎり注意しています

髪は傷んでしまったら治りませんので♪赤

でもそれ以上にしたい方には説明した上で快諾してますよ、あくまでおススメしないだけベー

Iさん今回はトーンダウンします音符オレンジ

6トーンのダークアッシュです電球

一気に髪が美髪に見えますよ☆

美髪ですねキラキラ 

コレでイメージが2割増です♪黒

色でかなり印象が変わります、髪がキレイに見えるだけでよい印象が与えられます

明るいカラーもいいんですがやはり個人的には6〜8トーンくらいの明るさが髪がキレイに見えると思います

美髪に見えるカラーにしたい方是非ご相談くださいパー

 


出来るかぎり低ダメージにヘアカラーをリメイク★

はいさい、沖縄のマイペース美容師オオシロです☆

なんと娘がこんな真夏にインフルエンザに汗

年中、インフルって聞くけどどうなってるんでしょうね!?

僕は頗る元気ですアップ

今回で3回目のゲスト

初めてのB-PEPに来店時はグラデーションカラーをしてブリーチとイルミナのダブルカラーで髪がエラいことになってしまい駆け込みでご来店頂きました

今回の来店時は↓

毛先部分にまだブリーチによるダメージ部分があり褪色がより気になります

全体的に赤味が帯びてきてますね!沖縄の方は特に赤〜橙による方が多いです

今回の希望は

「赤味を消したい」「毛先部分をキレイにみせたい」「出来るかぎりダメージは出したくない」

とのことです♪

毛先のブリーチ部分のピグメンテーション用(色補充って意味です)

根元の地毛を明るくする用

明るくなっている部分に色味を足していく用

この3種類の薬剤を髪に塗って染めていきます☆

B-PEPのカラーはその方の髪のダメージ、髪質、色により色々使い分けしてます。

トリートメントカラーも併用して行なうので通常のカラーリングより薬剤のアルカリ濃度、アレルギーの原因のジアミン量を削減できるのがメリット♪

カラー後のアルカリ除去、過酸化水素の分解も行ないます♪まだまだこれをするサロンは少ないですが必須で行ないます

AFTER

光の反射で解りにくいですが赤味も消えキレイに染まり上がりました♪赤

髪も少しずつ切ってリセットに向かってるので来年にはきっと美髪がまた1人生まれますびっくり!!

 

夏は紫外線や海に行ったりで髪に結構な負担がかかります。

その状態の髪の毛のカラーリングやパーマはダメージしやすい状態になってます。

なんとなく染める、パーマするではダメージは進みます、デリケートな状態の時は気をつけましょう!!

 

お悩みの方はお気軽にご相談下さい☆


傷まないカラー!?でのダメージ被害

はいさい、沖縄のマイペース美容師オオシロです☆

先日書いたブログ後半に出てきたMさん

見ての通りグラデーションカラーしておりますし、ハイダメージしております・・・

このようなヘアダメージ状態の方々がデパートや街に意外と多くいます

ほとんどがハイトーンカラー、ダブルカラーが原因

今流行のカラーがハイトーンだったり高彩度カラーや外国人風カラーっていう髪にとっては負担がかかるカラーだからです

Mさんは縮毛矯正もされている方です、この状態の毛にグラデーションでブリーチすれば髪が傷むのは当たり前です!!

問題なのが「傷まないカラーですよ」と美容師が言うことです!

中には傷んでもいいからやってくれという無茶を言うお客さんもいるのでそう言うお客さんが無理言ってならまだわかります。

※うちはそう言われてもやりません!他のサロンに行ってもらいます笑

むしろ

髪を明るくする=髪のダメージです

明るくすればするほどカラーすればするほどヘアダメージは大きくなります

いくらトリートメントを一緒にしようがダメージがないなんて有り得ません、むしろコーティング系メインのトリートメントならばダメージは増す可能性もあります!!

フェイスブックやインスタで毎日のように外国人風カラーや高彩度のアッシュを押したカラーが出てるので興味を持つのはわかりますがいくらダメージレスを謳っていてもそう言うカラーは間違いなく髪を傷めます!!

Mさんの件に戻ると「髪が傷まない」って言われたけどブリーチをされ結果ダブルカラーされて髪が大変なことに・・・しかも伸ばしていたのに・・・悲しくなりますね!

今回、髪をキレイにしたいのとクセが気になると言うことなので

バッサリカット+生えてきた黒髪部分のカラー+縮毛矯正していきます☆

Mさん結構クセ強いんです

ダメージがひどい部分はカットしてリセットが一番です♪


AFTER

ボブのストレートになりました!こっからキレイにまた伸ばしましょう♪

夏なのでこれからよりハイトーンカラーやデザインカラーが増えると思います

明るくするカラーでダメージレスという言葉は気安めにすぎません、計画的にカラーすることをおススメしますよ☆