この季節は要注意!?髪をキレイにするはずがチリチリに・・・原因は?

はいさい、沖縄のマイペース美容師オオシロです☆

今年は梅雨入りが遅いような気がしますね、、、過ぎたのかなと思うほど

毎年この季節に増えるのが縮毛矯正やストレート、パーマが多くなります

多くなると共に増えるのが髪のダメージのご相談です

今月でもう数件のご相談があります汗

パーマやカラーをすれば必ずダメージが発生しますがご相談に来られる方は普通のダメージを超えたハイダメージの方です

いわゆる「ビビり毛」と言われてる状態

チリチリしてたり、濡れるとトローンとしてたりの超ダメージ毛です

髪は一度傷んだら元に戻りません

トリートメントしても無駄です、切ってリセットしていくのがオススメです

なので出来るかぎりそうならないようにしなくてはいけません

【何故ビビり毛になるのか!?】

一番の原因は美容師側の失敗、髪の判断ミス、知識不足が原因です。

ビビり毛は縮毛矯正やデジタルパーマなどの薬剤+熱処理を行なうメニューで起こる事が多いと思います

薬剤パワー+熱パワーが髪の体力を超えた場合になるのがビビり毛です

髪の毛の体力は人それぞれなので使う薬剤や熱の温度、時間を髪の状態で合わせその都度調整します

それだけデリケートで難しい技術です

よって毛髪診断、薬剤選定ミス、知識不足、経験不足などでビビり毛ができてしまいます

【原因は他にもある!?】

最終的には美容師側のミスでビビり毛になるんですがお客さん側にもそのミスにつながる原因があります

・間違ったヘアケア

・高温でアイロンやコテの使用頻度が高い

・ホームカラーをする

・色んな施術履歴または色んなサロンを巡っている

☝️の方はビビり毛になりやすいです

間違ったヘアケア

とにかくトリートメントすれば髪は良くなるという意識がある為、トリートメントに頼ったケアをし過ぎています。

その為オイル髪、皮膜髪になっているので的確な毛髪診断がしにくい

アイロンやコテの使用頻度が高い

高温でアイロンやコテを使用している方が割と多いので注意が必要です、180℃以上はまず使わない方がいいです

180以下で出来るかぎり低い温度がいいかと思います、熱を当てる時間にもよりますので担当美容師に聞いてみるといいと思います

ホームカラー

セルフでカラーをしている為、薬剤でのダメージムラが出ている可能性が高いです、特に顔周りはビビり毛になりやすいです

色んな施術やサロンを巡っている

パーマ、ストレートを繰り返したり、ブリーチを行なってたりとダメージの蓄積がすごいとビビり毛になりやすくなります。

また色んなサロンを巡っている方は髪の薬剤履歴がより判らず、薬剤選定が難しくなります

このようにビビり毛になる要因はお客様側にも多少あります、しかし一番は美容師側がしっかりした技術、薬剤知識などを持って接する事が大事かと思います

一度傷んだ髪は元に戻る事はありません

トリートメントで髪がよくなる事は現時点で不可能です、良くなったように見せる事しかできないんです

あくまで誤摩化し、リセットするには数年かかるかもしれません

ビビり毛にならないようにすることが一番です


毎年、くせ毛でお悩みの方に♪失敗しない為に★

沖縄のマイペース美容師オオシロです☆

3月も半ばに入ってきました、沖縄もかなり気温が上がり過ごしやすくなりましたね☆

湿度がかなり高い日もありくせ毛の方は悩みますね、4月後半には梅雨に入る可能性もあるので梅雨対策が必要ですね!!

 

この時期に縮毛矯正やストレートをされる方はたくさんいますよねピカピカ

くせ毛の方にとってのお悩みメニューの縮毛矯正、キレイにいられると嬉しいですね!!

その中でも残念ながら縮毛矯正に失敗される方も出てきちゃいます・・・

 

失敗のほとんどの原因が美容師の不手際になるのですがお客さん自身でその失敗する確率を下げることもできます電球

失敗した美容師の肩を持つわけではないですが美容師目線からみてこの髪の状態は・・・って言うお客さんもいるんです

そもそも施術を受けた以上責任は担当した美容師にあるので言い訳になならないですけどねタラ~

 

【縮毛矯正の失敗を少なくするために】

◯メニュー名や誇大広告に惑わされない

まずはサロンのメニューで◯◯◯ストレート、髪質改善エステ、酸性ストレートなど色々聞いた事があると思いますが全て縮毛矯正に部類されると思ってください

各サロンが独自にネーミングしているだけで行なう施術はほとんどが縮毛矯正と同じ内容です

また、ダメージレスや傷まないと言う言葉に惑わされないってのも大事です!髪を傷めずにクセを伸ばす事なんてまず不可能だし、縮毛矯正はサロンメニューの中でも上位の髪に負担のかかる施術です

 

◯ホームカラーは行なわない

縮毛矯正の失敗で多いのがホームカラーをしている人なんです!!

ホームカラーをしている方は事前に美容師さんにしっかり伝える事が大事です、顔周りだけ自分でしている方もちゃんと伝えた方がいいです

ホームカラーは均一に塗れていない可能性が高く、髪へのダメージもムラになり縮毛矯正時の薬剤に影響をきたします

◯サロンに行く時には出来るかぎりコテやストレートアイロンは使わないでいくこと

クセがひどいのでついやっちゃう方が多いかと思いますがもしアイロンをしたのであれば美容師さんにアイロンを使った事を伝えた方がいいです。

シャンプーしないで薬剤塗布に入った場合、薬剤の反応が高まり髪のダメージになる場合があります

◯髪の過去の施術履歴を伝える

出来るかぎり過去のカラーリングやパーマなど履歴を伝える事も大切です!

薬剤を使うのでその履歴次第では薬剤の使い方も変わるので大事なんです

この4つを事前に意識するだけでも少しは失敗は減らんじゃないかと思います

美容師がカウンセリングで当たり前に聞く事ではありますが、中には聞かずに施術に入ったり、聞き忘れがあるかもしれないので♪

安心して施術を受けて頂きたいし、快適に梅雨を乗り切って欲しいですね♪

くせ毛のお悩みやヘアダメージのお悩みは気軽の相談してくださいね☆

 


明るい髪色もいいけどダークアッシュにしたら美髪度が上がった!?

沖縄のマイペース美容師オオシロです☆

沖縄もここ最近寒いですね・・・本土の方には大きな声で言えませんがタラ~

 

寒い中、ご来店頂いたIさんありがとうございます☆

前回は4ヶ月前にIさんの希望で髪色をトーンアップしました、その時は12レベルのアッシュベージュに染めたんですがもう完全に抜けてますね!!

 

髪がよりダメージして見えてしまってます・・・・キレイにしたいですよね☆

僕は基本的に10トーン以上の髪色はおススメしません笑

できれば8トーンくらいをおススメしています

ダブルカラーやブリーチが必要な外国人風カラーなんてよりおススメしません笑

パーマやストレートしている方には特におススメしません笑

なぜ!?

 

簡単な事ですびっくり!!

「髪のダメージが大きくなるし色持ちも悪くなるから」

 

それだけです笑

外国人風カラーした事ある方は実感したことがあるんじゃないでしょうか!?

B-PEPはヘアデザイン中心ではなくキレイな髪をベースに置いてます

なのでデザインはその次なんです、なので髪のダメージには出来るかぎり注意しています

髪は傷んでしまったら治りませんので♪赤

でもそれ以上にしたい方には説明した上で快諾してますよ、あくまでおススメしないだけベー

Iさん今回はトーンダウンします音符オレンジ

6トーンのダークアッシュです電球

一気に髪が美髪に見えますよ☆

美髪ですねキラキラ 

コレでイメージが2割増です♪黒

色でかなり印象が変わります、髪がキレイに見えるだけでよい印象が与えられます

明るいカラーもいいんですがやはり個人的には6〜8トーンくらいの明るさが髪がキレイに見えると思います

美髪に見えるカラーにしたい方是非ご相談くださいパー