細毛、軟毛のパーマスタイル♪

どーも、沖縄のマイペース美容師オオシロです☆

先日、ブログを見てご来店頂いたMさん

Mさんのご希望はゆるふわでお手入れ楽チンなパーマスタイル

しかし、Mさんにはパーマのトラウマがあります・・・そんな中お任せ頂けるのは光栄です♪

Mさんの髪質は軟毛で細毛のいわゆるネコっ毛と言われている毛質です!

Mさんも過去に傷んだだけでパーマがかからなかったというトラウマがあるようです

この毛質の方にパーマの失敗が多いし、パーマが難しい毛質でもあります

「ゆるふわパーマのはずが細かいウェーブになった」「かかりにくいと言われ強めにかけたら自分でお手入れができなくなった」「かなり髪が傷んだ」「傷んだだけでかからなかった」

そんな失敗が多いと思います

それはこの毛質のタンパク質が少ないことやキューティクルが薄いことが原因になります

かなりストライクゾーンが狭いと言うことです

僕はこの髪質の方には通常のパーマはおススメしません

その狭いストライクゾーンを狙うのが難しいし、ダメージリスクも大きくなるからです

なのでエアウェーブかデジタルパーマをおススメします

薬剤+熱の力を利用することにより少しストライクゾーンが広がるのと薬剤の力を下げられるのでダメージリスクも下がるからです

Mさんも今回はデジタルパーマをしていきます

BEFORE

薬剤はアルカリを少なくした薬剤を使います

完全に乾くまで熱を当てます

AFTER

テメーでセットです♪セルフで乾かしてもいい感じ!!

Mさんも初めて想い通りのパーマになって喜んでくれました☆

パーマをする方がスゴい減っているみたいですがパーマにはたくさんの良さがあるのでそれを感じて欲しいですね♪

パーマでお悩みの方やパーマに興味がある方はお気軽に相談してください^ ^


パーマに苦手意識があるけど勇気を持ってTRY

はいさい、沖縄のマイペース美容師オオシロです☆

僕はたくさんある美容の技術の中でもパーマが好きです

ですがお客さんにはパーマに苦手意識がある方が多くいます

「髪が傷む」「思い通りのパーマが出ない」「手入れが出来ない」

苦手意識のある方にはパーマはそんなイメージがついてしまってます

残念なことです

だけどしっかり薬剤を選び、適切なパーマ施術を行なえばそんなに傷まないですし、カットをちゃんとして巻き方も考えて行なえば割と思い通りなパーマスタイルになると思います

今回のゲストのUさん沖縄市からわざわざ来店頂きました

過去にパーマをしゆるふわの予定がクリクリになってしまったことがあるみたいです

また直毛でかかりにくく、時間を置くためダメージも強くパーマ後はギシギシというイメージ

ごめんなさい・・・BEFOREを撮り忘れたと言う失態をおかしてしまいました笑

Uさんの素材は直毛で毛量も多くて硬い毛質、すこし脂漏性なのかベタつきも感じる

普段使用しているオイルが原因かもしれませんが、とりあえずオイルは少し控えた方がいい感じですね

あの3秒に1本うれるシャンプーって言うヤツのベタつきに似た感じです笑

ここはとりあえずしっかりDO-Sシャンプーして余計なものはリセットします

カットはAラインの重めだったのでパーマのカールにズレが出るようにレイヤーを入れて適度に毛量調整

パーマはクリッとしたカール感が欲しいので「デジタルパーマ」します

薬剤は毛先フルのアルカリカラー施術歴が数回あってダメージやパサつきが出ているので中性域の薬剤を使います

濡れてる時と乾いてる時のギャップがないようにする為、温度は80℃で完全乾燥までします

んでオキシでドッカン酸化!!

AFTER

ただバッーと乾かしただけ

髪も柔らかく見えるし、いい感じのゆるふわ♪

パーマの良さが伝わって良かった☆


色持ちがいいカラーがしたい☆

どうも、沖縄のマイペース美容師オオシロです☆

ここ最近カラー剤がたくさんのメーカーから出てきています

イルミナカラー、アディクシー、スロウ、アプリエ、ピカラ

日本人特有のオレンジ味や赤味を消し、キレイなアッシュやマットに染め上げるカラーやハイトーンでもしっかりとした色味をもたすカラーが続々です

今までのカラーより楽にしかもキレイに染まります、誰が塗っても失敗が少ないからカラーが上手くなったと勘違いするくらいです笑

でもカラーの色持ちに関しては昔とそんなに変わっていないイメージ

色持ちの為の色んなトリートメントや処理剤がありますけどやっても劇的には変わらない

色持ちと言っても難しいですけど笑

色持ちはダメージに比例するし、普段の生活やホームケアでも変わりますからね!

でも結構お客さんは色持ちも気にする方が多いですよね☆

B-PEPのカラーの色持ち問題はトリートメントや処理剤ではなく

シンプルにダメージをできるだけさせないということ・・・当たり前ですけどね笑

でも意外にできていないと思います!トリートメントや処理剤に頼ってる方が多いと思う

BEFORE

オレンジ味が出てきていますね!

根元は普通にアルカリカラーのアッシュを使用、OXは4.5%で十分です。

ここでOXを毛質や状態を見ず6%で使うとムダなダメージが生まれます

今回は根元2センチのリタッチなんで4.5%で十分です♪

毛先の部分はアルカリを使用していないトリートメントカラーで染めます

アルカリを使用しないのでかなりのダメージが削減されます☆

BEFORE

いい感じのアッシュになりました♪


毛先に染めたのはトリートメントカラーなのでツヤ感も自然に出ます

まとめ

カラーは色落ちするもの

トリートメントや処理剤をしてもそんなに差はない

色を少しでも長くもたすには髪のダメージを少なくする

カラーの色持ちが悪い、髪のダメージが気になる、髪をキレイにしたい方はお気軽にご相談ください♪