パーマスタイリングが難しい!?でもこんな楽チンパーマもあります♪

ども、沖縄のマイペース美容師オオシロです☆

「パーマかけたいけど今まで思い通りにかかった事がない!」

「パーマかけたはいいけどスタイリングが出来ない」

「パーマすると髪が傷む」

パーマでトラウマになってたり、いいイメージがない方が多いですね!

「パーマはちゃんとカウンセリングしてイメージ共有できればそんなに仕上がりはズレませんよ!!」

「ちゃんとスタイリングの仕方教えるので再現しやすくなりますよ!」

「ダメージはありますがそこまでヒドいダメージはでませんよ!」

って僕はお客さんに伝えてます笑

嘘は言ってないですよ!ちゃんとお客さんのなりたいイメージ、髪の毛の診断、薬剤設定すればいい感じのパーマスタイルになります♪

今回のゲストはパーマがまずキレイにかかった事がないといいます!

ロングの細毛タイプなのでゆるふわパーマは通常パーマでは難しいです

なのでエアウェーブで楽チンゆるふわパーマを目指します♪

エアウェーブのいいところは

・パーマの中でもより低ダメージに出来ること

・乾いてもパーマが残りふんわりした仕上がりが出来ること

・スタイリングがしやすいこと

なのでうちのパーマはエアウェーブが主流になってます☆

一応デジパもありますよ笑

仕上げはゲストさんにレクチャーかねてドライしてもらいます♪

パーマのスタイリングに不安がある方にはセルフでやってもらいアドバイスします!

次の日からは自分で再現しなきゃいけませんからね!!大事な事です

今もただ捻って乾かそうとする方が多い事にビックリします笑パーマによってはNGな乾かし方ですね!

セルフドライで完成です♪

自分でここまで仕上げられたらバッチリですね♪

ちなみにスタイリングは洗い流さないトリートメントを乾かす前に付けたのみです!

今までパーマで失敗した方、もう一度パーマしてみませんか!?

・ゆるふわパーマしたいけど悩む

・楽チンなパーマしたいけど・・・

・パーマで髪が傷むのが怖い

・パーマしたいけど似合うか不安

・おばちゃんパーマになるのが怖い

そんなお悩みの方は是非悩むよりまず相談だけでもしてください!

出来るかぎり理想に近づけたパーマをご提供できるよう努めます☆


髪をキレイにしたいなら✨

ハイサイ、沖縄のマイペース美容師オオシロです☆

あっという間に7月に入ってしまいましたね年を重ねるごとに早く感じます笑

先月は仕事以外がパタパタしてまして営業時間も短縮させて頂きましたが今月からは通常通りに戻りました♪

 

雑誌をパラパラと読んでいましたら

夏のヘアケア特集が載ってました、結構載ってるんですが「ん!?」っていうのが多いんですよね笑

焼けた髪を復活させるヘアケアがあるんですって!?細かく読むと超音波を使用しただけのサロントリートメントだったんですが笑

ハッキリ言いますが「復活なんてしません笑」潤いを与えたりは出来ますが根本的なダメージは難しいですね!

髪のタンパク質は生きていると書いてますが治るとハッキリは書いてない・・・こういうのが一般の方を勘違いさせるんですよね笑

髪のタンパク質は生きていても一度ダメージしてしまうと修復する事はまだ出来ません。

トリートメントしてパーマやカラーなどする前の健康な髪に戻った事ないですよね!?

 

現在の毛髪化学ではまだ難しいようです、本当によくなるモノが出来るのに期待はしています♪

今は傷んだ髪の毛が健康な髪に戻る事は出来ません!!

キレイな髪になる、キレイな髪を維持するには出来るかぎりダメージ要因を減らす他ありません

 

パーマやカラー、ストレートなど薬剤を使った施術はなんとなく気分でばかりしているとなかなか髪をキレイにするのが難しくなります。しっかりとプランを建てて行うことをおススメします★

普段のシャンプーやヘアケアも何を使うか!?よりも正しいやり方や正しい知識をもつ方が髪をキレイに維持しやすくなります。

髪が傷むのには理由があるのでその傷む原因を考えて髪のダメージを最小限に抑えるよう取り組む事が大切だと思います♪

 

これからの季節は髪がダメージしやすくなりますので気をつけましょう☆

正しいヘアケア、髪のダメージ少なくパーマやカラーしたい方は是非ご相談ください!!

 


この季節は要注意!?髪をキレイにするはずがチリチリに・・・原因は?

はいさい、沖縄のマイペース美容師オオシロです☆

今年は梅雨入りが遅いような気がしますね、、、過ぎたのかなと思うほど

毎年この季節に増えるのが縮毛矯正やストレート、パーマが多くなります

多くなると共に増えるのが髪のダメージのご相談です

今月でもう数件のご相談があります汗

パーマやカラーをすれば必ずダメージが発生しますがご相談に来られる方は普通のダメージを超えたハイダメージの方です

いわゆる「ビビり毛」と言われてる状態

チリチリしてたり、濡れるとトローンとしてたりの超ダメージ毛です

髪は一度傷んだら元に戻りません

トリートメントしても無駄です、切ってリセットしていくのがオススメです

なので出来るかぎりそうならないようにしなくてはいけません

【何故ビビり毛になるのか!?】

一番の原因は美容師側の失敗、髪の判断ミス、知識不足が原因です。

ビビり毛は縮毛矯正やデジタルパーマなどの薬剤+熱処理を行なうメニューで起こる事が多いと思います

薬剤パワー+熱パワーが髪の体力を超えた場合になるのがビビり毛です

髪の毛の体力は人それぞれなので使う薬剤や熱の温度、時間を髪の状態で合わせその都度調整します

それだけデリケートで難しい技術です

よって毛髪診断、薬剤選定ミス、知識不足、経験不足などでビビり毛ができてしまいます

【原因は他にもある!?】

最終的には美容師側のミスでビビり毛になるんですがお客さん側にもそのミスにつながる原因があります

・間違ったヘアケア

・高温でアイロンやコテの使用頻度が高い

・ホームカラーをする

・色んな施術履歴または色んなサロンを巡っている

☝️の方はビビり毛になりやすいです

間違ったヘアケア

とにかくトリートメントすれば髪は良くなるという意識がある為、トリートメントに頼ったケアをし過ぎています。

その為オイル髪、皮膜髪になっているので的確な毛髪診断がしにくい

アイロンやコテの使用頻度が高い

高温でアイロンやコテを使用している方が割と多いので注意が必要です、180℃以上はまず使わない方がいいです

180以下で出来るかぎり低い温度がいいかと思います、熱を当てる時間にもよりますので担当美容師に聞いてみるといいと思います

ホームカラー

セルフでカラーをしている為、薬剤でのダメージムラが出ている可能性が高いです、特に顔周りはビビり毛になりやすいです

色んな施術やサロンを巡っている

パーマ、ストレートを繰り返したり、ブリーチを行なってたりとダメージの蓄積がすごいとビビり毛になりやすくなります。

また色んなサロンを巡っている方は髪の薬剤履歴がより判らず、薬剤選定が難しくなります

このようにビビり毛になる要因はお客様側にも多少あります、しかし一番は美容師側がしっかりした技術、薬剤知識などを持って接する事が大事かと思います

一度傷んだ髪は元に戻る事はありません

トリートメントで髪がよくなる事は現時点で不可能です、良くなったように見せる事しかできないんです

あくまで誤摩化し、リセットするには数年かかるかもしれません

ビビり毛にならないようにすることが一番です