髪がうねる、膨らむ、まとまらない方はストレートがおすすめ☆

ども、沖縄のマイペース美容師オオシロです☆

沖縄は湿度が高くなってきましたよね!今月末には梅雨に入りそうでクセ毛の方は悩ましい季節ですね。

【B-PEPお休み案内】

4月27日(土) 〜 5月1日(水)

GWの☝️の期間お休み頂きます。ご迷惑おかけしますがよろしくお願い致します★

『梅雨入り前にストレートをおススメ♪』

湿度が高くなる季節は「髪のクセがより強くうねる」「髪が膨らんでどうにも出来ない」「髪がハネまくる」など髪の悩みが出てきます。

B-PEPのストレートをすることで朝の大切な時間の短縮、スタイリングへのストレス減少が出来ます。また、ツヤ感が出る事で美髪に魅せる事もできます♪

before

after

ストレート(縮毛矯正)はこの季節にはオススメです☆

くせ毛でお悩みの方、ストレートをお考えの方はお気軽にご相談ください!!


傷まないヘアカラーってホントにあるの!?

ども、沖縄のマイペース美容師オオシロです☆

今年はホント暑い・・・暑がりには毎日堪えますね😱

「ダメージレスなヘアカラー」「最新処方でダメージレス」「傷まないブリーチ」「オーガニック」などなど某集客サイトでよく見かけるキャッチフレーズ

一般の方には髪が傷まないカラーあるんだ!と見えているかもしれませんが・・・結論から言うと有り得ません。

髪を少しでも明るくするヘアカラーでダメージがないという事は決してありません、明るいヘアカラーほどダメージも増します!なのでヘアブリーチは最上級のダメージになります。

一度傷んだ部分は修復もできませんのでダメージは蓄積されます。毎回毎回毛先までカラーの施術をしてる方はどんどんダメージが蓄積する事になりますのでリタッチカラーを利用する事をおススメします☆

☝️今流行のグラデーションカラーを使った外国人風ヘアカラーですね!染めたてはいいのですが約10日も経てば色も抜けてこんな感じになります

セルフでカラーシャンプーやカラートリートメントを利用すればもう少しもちますが大抵こんな感じになります、ダメージが表面化してますよね!

☝️トーンダウンして6レベルのアッシュで染めてます!

色味が足されてキレイに見えますよね!?髪が生き返ったと表現する方も居ますが見た目だけで実はダメージは蓄積してます、再び色味が抜けると染める前に戻ります。

ヘアカラーした直後は仕上がりもツヤがありいい色味が出て髪もキレイに見えます✨

なので「ほんとにダメージレスだ!」「髪が傷まなかった!」と思う方もいらっしゃると思います!しかし褪色が大きい方ほどダメージの蓄積も多いのです

傷まないヘアカラーはあるの?と言われれば髪を明るく出来ないヘアマニキュアやカラートリートメントがあります。全く傷まないかと言うとそんな事もないと思いますがダメージレスな部類だと思います。

少しでも髪が明るくなるヘアカラーは確実にダメージがあります。

ここ最近イルミナカラー、アディクシーカラー、スロウカラーを全面に出してるサロンが多いですがこれらは商材のネーミングです、簡単手に入るし簡単に透明感やくすみ狙った色が出しやすい商材なので良いものかと思いますがアルカリ度が高いのでダメージも大きいです。

大事なのはダメージをどう減らせるかで使う美容師次第かと思ってます。

うちは基本的にはブリーチを使用したヘアカラー施術はおススメしてません、カラーの色持ちや髪のコンディションを最優先に考えています。

髪をキレイにしたい方、ヘアカラーの褪色を少なくしたい方は是非ご相談ください♪


【よく聞かれる】アディクシーカラー、イルミナカラーとは何!?

ども、沖縄のマイペース美容師オオシロです★

「イルミナカラー」「アディクシーカラー」「スロウカラー」したいです♥️

インスタや雑誌、サロンメニューに書いてあるのでカラーの技術だと思ってる方もチラホラいます!!

イルミナもアディクシーもスロウも◯◯◯カラーと付くのはただのカラーの商材の名前です笑

お店特有の技術でも何でもなく各メーカーさんから発売されたカラー剤のネーミング♪

特に根強い人気のアッシュなどの寒色系に強いカラー剤ですね☆

今までのカラー剤よりもしっかりアンダートーンを削るのでキレイな色味が出やすくなってます♪

しかしたまにダメージレス、傷まないと謳ってるのを見かけますがそれはウソです笑

むしろアンダーを削ってる分傷みは増してるはずですからね!

ブリーチしなくても簡単にアッシュに染め上げれるので使いどころ次第ではかなり便利ではあります♪

うちでもたまに使ってますよ!!

最近では◯◯◯カラー、◯◯◯パーマ、◯◯◯ストレート、◯◯◯トリートメントとサロンごとにメニューがありますが実は根本的には昔と変わらずです笑

使用する美容師さん次第でダメージも仕上がりも変わるのでネーミングよりもサロン選びが重要ですな☆