ハナヘナについて

はいさい、沖縄のマイペース美容師オオシロです☆

【ハーブカラーやハナヘナについて】

ヘナについて問い合わせがよくあります

その中で勘違いされている部分があるので書きますね!


【ハナヘナは黒や赤などの色味は出せません】

100%ヘナが出せる色味はナチュラルのオレンジ、インディゴのブルーだけです

しかも100%ヘナは人によって入り方も変わります

もし現在ヘナをしていて黒や赤になっているのであれば100%のヘナではないんではないでしょうか?

ヘアカラーとしては幅がないので色味を楽しみたい方には残念ながら合わないです

しかし、ヘアカラーと違いハナヘナは毛髪への「負担がほとんどない、ハリコシを出す、ツヤ感アップ」が可能です


【地毛のトーンアップは出来ません】

ブリーチ剤でメラニンを壊し地毛を明るくできるヘアカラーと違って、ハナヘナには全く入っていませんので地毛を明るくする事は不可能です

既にカラーで明るくなっている箇所、もしくは白髪でのみ色を確認する事が出来ます

明るくしながらヘナをする事も可能なので担当美容師さんにご相談する事をおススメします

メリットもたくさんあるヘナですが

他店で行った施術履歴など把握できていない方、100%天然ヘナじゃないという方、セルフヘナの方は毛髪の状態により薬剤メニューをお断りする場合があります☆

当店でハナヘナを使用している方はパーマやストレートも基本的には問題ありません♪

初めてヘナをされる方、ヘナにご興味がある方は是非相談してください!!


トリートメントって必要!?

どーも、沖縄のマイペース美容師のオオシロです☆

前回までこんな事書いてました↓

 

今回は「トリートメントは本当に必要なの!?」って事を書いていきます

ちなみに個人の意見ですので悪しからず☆

【トリートメントを勘違いしないで欲しい】

トリートメントとは「髪の毛を保護するもの」

それ以上でもそれ以下でもない、保護が目的

間違っても髪の修復は出来ないし、再生も出来ない

その保護が目的の物がいつの間にか修復ができるという訳の分からないウソに発展

それがダメージヘアが増加している一因になっている

【トリートメントのメリットは?】

髪の毛を熱や紫外線から守れる

ツヤが出る

質感が向上する

ダメージをキレイに魅せられる

【トリートメントのデメリットは?】

コーティングによるダメージの恐れがある

残留薬剤を閉じ込めてしまい排出できなくなる

ダメージの度合いが解りにくくなる

コーティングが剥がれるとバサバサになりやすい

※ココでいうトリートメントとはサロンで行うシステムトリートメントのこと

オオシロ的には基本的にしなくていい方のほうが多いと思う、実際に俺はサロンワークではほぼしないし笑

ちなみにしなくていいと言うのはシステムトリートメントのことです!

自宅ケアでは是非、使用してください。ホームケアのトリートメントは

そこまでコーティングもガシガシにならないのでその日だけの保護には最適です♪

【じゃあ、システムトリートメントっていらなくない???】

個人的には基本いらないっちゃいらない派です笑

でもたまーに必要な場合もあります☆

かなりのハイダメージ毛の方などには必要な場合が出てきます

でもそれ以外はいらないかなと・・・!

【髪のダメージは美容師にも責任がある】

ヘアダメージには薬剤等を使う美容師にも責任があるのは当たり前

「髪が傷んでいるのでトリートメントしませんか?」

この言葉掛けにかなりの違和感がある!!

「傷めてるのは美容師じゃないんですか!?」って俺なら聞くかも笑

「トリートメントすれば髪の毛キレイになりますよ♪」

この言葉掛けにも違和感・・・

俺なら「毎回しているのにキレイにならないんですけどー」っていうかも笑

いつまでもトリートメントに頼った仕事をしたらダメじゃないかと思う

それくらい美容師側もダメージには気をつけないといけない

【トリートメントも上手く使わないといけない】

誰にでもやればいいってもんじゃーない

もちろんイヤらしい話、お金の事だけを考えれば多くの人にやってもらえれば

ガッポガッポよ笑

でもそれってプロフェッショナルなの?ってもなる

ムダにやれば傷むだけだし

やはり必要なとこに必要なものを使えるからプロでしょ♪

総括

『ホームケアのトリートメントはいいが

サロンのシステムトリートメントは多用すべきではない

本当に必要な場合にのみ、必要な箇所に行うべし』


パーマやカラーをしていてもキレイな髪でいられる為には♪PARTⅡ

どーも、沖縄のマイペース美容師オオシロです☆

前回に引き続き

『パーマやカラーをしててもキレイな髪でいる為には♪』

前回は↓

キレイでいる為には美容師さんの存在が大きいというもの

今回は更に深くいってみよー♪

美容師さんの存在って大きい事はわかりましたか!?

どんなに腕のいい美容師さんでも髪を治す事は不可能ってことを頭に入れましょう☆

パーマやカラーと上手く付き合いながらキレイな髪でいる為には出来るかぎり薬剤使用を最小限にすることです

【無茶はしない】

ブリーチとパーマとか縮毛矯正とグラデーションカラーとか

最近、こんな無茶な施術で傷んでしまっている人が増えている。

こんな施術を受ける美容師は多分売上げの事しか考えていないであろう美容師か

トリートメントで髪が治るという夢を見ている美容師だろう笑

お客さんの将来の事など微塵も考えてないんでしょうかね!?

【ホームカラーはしない】

ホームカラーをしている人でキレイな髪の人はほとんどいない気がします。

お手軽でその日のうちに空いた時間に出来るのはメリットでしょうが

美髪とはかけ離れてしまいます。

ダメージムラ、色むらが出来る可能性がかなり高いのでその後の

薬剤でのダメージムラが絶対に出てしまいます。

美髪を手に入れたいのであればすぐに辞めましょう!


【リタッチを上手く使う】

これは美容室だから出来る技術の一つです。

毎回毛先までカラーをすると毛先はダメージを何回も受ける事になりますので

もちろんどんどん悪くなります。

リタッチとは根元の伸びてきた箇所の施術なので毛先はダメージを受けません。

この技術を上手く使う事も美髪には必要な事です。

【コロコロ美容室を変えない】

あまりお客さん自身は気にしていないかもしれないけど髪には影響はあります。

それは薬剤の履歴がわからないこと。

前回の薬剤の履歴、施術履歴が解る方が髪になるべく負担が少なく施術できます。

病院みたいにお薬手帳があれば別ですが笑

この4つがパーマやカラーをしていてもキレイでいる為に必要な事♪

あとは自宅でのヘアケア、髪の扱い方に注意すればいいとおもいますよ☆

>まだまだ美容室でこまめにシステムトリートメントすれば髪がキレイになると思っている方がたくさんいますが間違いですよ☆

それでキレイでいられるのは上の4つが出来ている一部の方だけです!

それ以外の方はシステムトリートメントしても逆にダメージしている可能性すらあるので気をつけてください!

その事に関してはまたブログ書くので是非お楽しみに♪